清流と緑の豊かな自然に恵まれた「あきる野市」では、江戸時代から春を告げる味覚として「野良坊菜」を栽培していました。野良坊菜は、アブラナ科の野菜で、秋口に種をまき、春先から5月頃まで「とう(花茎)」を摘み取り、おひたしなどにして食します。クセのない味ですので、さっぱりと頂く事が出来ます。
 また野良坊菜の成分は、ほうれん草や菜の花と同じく ビタミンCや食物繊維が豊富に含んでいることが特徴です。ビタミンCは皮膚や粘膜の保護をしたり、からだの各機能を調節する役割があります。また食物繊維は腸などをきれいにする働きがあります。野良坊菜は毎日の食生活に欠かすことの出来ない栄養をたくさん蓄えた健康野菜です。
 古くから愛された野良坊菜は、いろいろなお料理に最適!!是非ご賞味下さい。野良坊菜を使ったおいしい乾麺がございます。特産品情報をご覧ください。

のらぼう菜








■生のとき成分
水   分  89.0%
たんぱく質  3.7%
脂   質  0.4%
繊   維  1.0%
そ の 他  4.7%
■100gあたりの栄養
熱   量  33カロリー
鉄   分  1.15ミリグラム
ビタミンA  1580(通常単位ミリグラムと同じ)
総ビタミンC  90ミリグラム