あきる野商工会 特産品アイデア募集事業
新商品アイデアコンテスト 受賞作品


平成28年11月1日(火)〜平成28年12月22日(木)まで、あきる野市民の皆様に対して
アイデア募集させていただきました新商品アイデアコンテストに、40アイデアという
たくさんのご応募をいただきまして誠にありがとうございました。
去る平成29年1月25日(水)に開催されました審査会による厳正な審査の結果、優秀作品が決定いたしました。
その栄誉を称えて、授賞作品をここでご紹介いたします。

● 最優秀賞  「あきる野5(ファイブ)ジンジャー漬」  開発者 日の出町在住 30代男性


開発趣旨:あきる野の特産品である新生姜を、あきる野産の調味料でつくった5種類の
漬物をビンづめにして、5本セットにして売りだす。
        

新生姜を漬ける5種類の調味料と製造元例

「醤油」→近藤醸造

「味噌」→一村逸品(檜原村)

「酢」→近藤醸造

「はちみつ」→養蜂園

「酒粕」→野崎酒造


 
●  優秀賞  「とうもろこしソフト」  開発者 あきる野市在勤 20代男性 


開発趣旨:今、見た目がおもしろかったり変わった食べ物をSNSにのっけるというのが
流行しているので、今までにない奇抜なソフトクリームを提案することにより、集客を目指す。

とうもろこしの上にアイスクリームをのっけるという見たことのない見た目と、
インパクトにより、写真をとりに来る若者が増える。

 あきる野市は高校生が多いのでヒットすれば どんどんSNSで拡散される。
 

●  優秀賞  「じゃが芋プリン 〜ゆずジャム添え〜」  開発者 あきる野市在住 30代女性

開発趣旨:じゃが芋でスイーツが作れないかと考えました。

檜原村の特産である“じゃが芋”と“ゆず”を使った、新感覚のスイーツ。
少しもちっとした食感のプリンです。

・じゃが芋プリン

潰したじゃが芋と牛乳に砂糖を加え、ゼラチンで固めたプリン。

・ゆずジャム

ゆず果汁と皮を砂糖を加えて作ったジャム。


●  優秀賞  「秋川とうもろこし街道スープ」  開発者 あきる野市在住 50代女性

開発趣旨:朝食をとれない小腹の空いた時など、コーヒーだけではなく
栄養価の高いスープを摂取することで1日元気で頑張れる

秋川とうもろこし街道(五日市街道)

直売店、イベント、フードコート、可能ならコンビニ、etc、で

朝食、軽食、ドライブ、夜食 … 小腹が空いた時に手軽に飲めるあきる野産コーンスープ。

夏はコールドスープで!!

展開…「ひのじゃがポタージュ」

 ・カップスープ

 ・粉末スープ

 ・レトルトスープ


●  優秀賞  「Akikawa Valley Baum」  開発者 あきる野市在住 50代女性

開発趣旨:あきる野、檜原には、和菓子は多いがお土産になる洋菓子が少ないので。
樹木、年輪を象徴する。

・多摩産材をイメージした「バウムクーヘン」の字の焼印

 ・レストラン、飲食店等では、穴の部分にモンブラン()クリームを詰める
(またはアイスクリームをトッピング)

 ・箱、個包装などニーズによってバウムクーヘンの大きさを検討する。

 ・<体験型バウム>

バーベキュー場でバウムクーヘンを自分たちで焼けるセットを用意する。


●  優秀賞  「あきる野風スコーン(のらぼう・とうもろこし)」  開発者 あきる野市在住 60代女性

開発趣旨:スコーンとはSCONEスコットランド料理

バファットより重いパン アフタヌーンティに欠かせない定番のお菓子
お菓子といってもかなり食べごたえがあるので軽食ともいえるくらいです。
本場ではお気に入りのジャムと乳脂肪分が濃厚なクロッテクト・クリームを
たっぷりつけるのですが今回はあえて、
甘さではなく地産野菜と特産の醤油等を入れて素朴な軽食にしました。

シンプルなスコーンにブルーベリージャムと生クリームを
そえてもいいかと思います
(近所に摘み取り園がある)


レシピ

材料(12皿分)

スコーン

A   小麦粉250g  バター 75g  粉砂糖 25g  牛乳 大さじ5 

   ベーキングパウダー 大さじ1   塩 小さじ1/2  サワークリーム 50

加えるもの

   のらぼう(ゆでたもの) 適量

   キッコーゴ醤油 中さじ1

   とうもろこし(生を粒状にして茹でたもの)適量

   黒こしょう 塩 少々

@   Aの材料をふるってボールに入れ1p角に切ったバターを入れて粉をバターがよく混ざるように、
手で細かくつぶしながら混ぜる。
POINT1バターはかたく固まっているものがよいので作る直前に冷蔵庫から出して1p角に切る。

A   サワークリームと牛乳を加え こねないように軽く混ぜてひとまとめにする。(プレーンを作るときはこれで)

B   ひとまとめにする前にのろぼうとキッコーゴ醤油を入れてさっくりとまぜる

コーンを入れる時は黒こしょう塩を適量ふってまぜる

POINT2ここでこねると小麦粉のグルテンが出て、さっくりとした仕上がりにならない。

C   ひとまとめにしたAかBの生地をそのまま少しおいてなじんだら
台にとり麺棒
2.1.5p厚さにのばしていく

D   均一に生地がのびたら直径6pくらいの型で抜いた残りを
まとめさらに型で抜いて12個のスコーンをつくる。

E   天板にDを並べつやだしの牛乳を塗り。
あらかじめ
180℃〜190℃に温めていたオーブンに入れ1520分くらいで焼き上げる